読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画やらアニメやら雑多感想ブログ

アニメとか映画とかの感想を適当に書くだけ。ネタバレ有り。

【ネタバレゲーム感想】NieR:Automata攻略日誌⑦〈1周目 ネットワークの崩壊〜狂信者〉

【ネットワークの崩壊】
アダムを撃破したことによって機械生命体のネットワークの大部分が崩壊したらしい。
アダムがネットワークの管理の大部分を担っていたというのだ。
それなら残りの部分はもう1人の人型機械生命体が担っているのだろう。
しかし2人の人型機械生命体が生まれたのは最近のはずだ。
なぜこの2人がネットワークを管理しているのだろうか。

【同盟希望】
ネットワークが崩壊したことをきっかけにパスカルの村に同盟を申し出た機械生命体の集団がでたらしい。
9Sは未だに復帰していない。
しかたないので同盟の為の会談の場にパスカルと共に向かう。
パスカルはどうやらあまり相手のことを信用してないようだ。
というよりパスカルは基本的に集落以外の機械生命体は信用してないような気がする。
寧ろなぜか2B達に対しての方が親しげだ。
ネットワークから外れた機械生命体は怖いとパスカルは言う。
繋がりが無くなり何を考えているかわからないから。
お前もだろと思ったが、だからこその実感かもしれない。
ネットワークから外れ、独自の思考をし、何をしでかすかわからない恐ろしい存在。
しかしそれはアンドロイドや人間と何が違うのだろうか。

【狂信者】
同盟を求めてきた機械生命体達は案の定怪しい集団だった。
どうやら宗教を確立したらしい。
それだけならまぁいいのだが言動は確実に狂信者だ。

どう考えても良い展開はないが話が進まないので先に進む。
通された部屋。
既に死んでいる教祖。
教祖はカミになったと信じる機械生命体達。
そして彼らは自らも他人も平等にカミにすべく死を強要する。

敵の数が多いので一目散に逃げる。
途中機械生命体と鉢合わせ、と思いきやその機械生命体は9Sにハッキングされた個体だった。
9S有能すぎる。
なんでこいつら機械生命体に今まで負けてたんだ。
9Sのナビゲートで脱出する。
その途中には純粋に平和を求めて信仰してた者、自ら熱高炉に身を投げ出す者、様々な機械生命体がいた。
最後の強敵は9Sの援護もあり無事撃破。
こんなところはさっさと離れよう。
パスカルと別れるとレジスタンスキャンプからの通信が。
どうやらレジスタンスキャンプが機械生命体に襲われているらしい。
ついにレジスタンスキャンプが戦場になったか。