映画やらアニメやら雑多感想ブログ

映画やらアニメやら雑多ネタバレ感想ブログ

アニメとか映画とかの感想を適当に書くだけ。ネタバレ有り。

【白爪草】感想

名前が似てて勝手に親近感を感じている電脳少女シロさん主演の映画。

正直そんなに期待せずに見に行ったのですが――めっちゃ面白かった。

ジャンルはサスペンス系。ホラーサスペンス系の可能性も?

映像として出てくるのはシロさんが演じる蒼と紅の双子の姉妹のみ。

後は声だけの出演で(この辺詳しくは無いのですが)シロさんと同じ事務所?の方々が出ています。

蒼の勤める花屋の店主、電話で蒼をカウンセリングするカウンセラー桔梗先生、間違い電話、花屋の後輩くらいかな?。

間違い電話は何か意味あるのかと思ったら本当にただの間違い電話で本筋に関係ないらしいのはちょっと笑った。

話的には親殺しでムショ入りして6年の刑期を終えて出所してきた姉の紅が妹の蒼を訪ねてきた。蒼は6年前の真実を聞こうとするが紅の目的は別にあり……みたいな感じです。

実は親を殺してたのは蒼なのか?いややっぱり紅が……紅酷い奴やな……え、酷いのは蒼だったの??

みたいな感じで話が二転三転してジェットコースターみたいで面白いです。

この話で重要なのがカウンセラー桔梗先生でこいつが1番悪いんやんけ!って最終的にはなります。

というか「蒼と紅どっちに罪があるのか」最後までそれぞれの立場が転々として読めないシナリオの中でこの人は最初から胡散臭いので「まぁそうだろうな!」感はあります。

いや想像してたよりヤバい人でしたけど。

 

この話のオチ凄い好きなんですよね。

最終的に妹(桔梗先生の超技術で親を殺したのが自分だと思ってる)は入れ代わりを承諾。

紅として暫く生きて自殺することを決意した彼女はすっきりとした表情で。

紅から見たら順風満帆に見えた彼女は別れる前に、「絶望しないでね」そっちの人生も「待ってるのは結局地獄だよ」と言葉を残す。(ここ凄い好き。でも台詞合ってる自信はない)

この地獄が何か僕には全くわからなかったんですよね。ひょっとして実は店長に嫌がらせされてるとかそういうこと位しかイメージできなかった。

それが何かわかるのは3ヶ月後。

妹も自殺し(遺品の状態から焼死か?)入れ替わりには何の問題もなく。

こんな誰にも入れ替わりが気が付かれない人生のことを妹は地獄と言っていたのかなと紅が思い始めた時、最後の引継ぎだよとメモが貼られた妹の日記を発見する。

(ここ良くわからなかったけど届けられた遺品に日記があったのかな)

そこで明かされる事実。

前半は姉のことを思い、共に働く未来を夢見る優しい蒼。

ところがある日、桔梗先生が来て。

 

偽装される記憶。両親を殺し、自分の身代わりに姉を6年刑務所でいかせたという思い込み。

壊れていく精神。

姉に贖うにはどうすればよいのか?

 

この結論が誰か2人人を殺すこと。

これは恐らく、姉に押し付けた罪と同じ2人殺して捕まる気だったということなんだと思うんですよね。

こんなのは本当に親を殺して姉に罪を押し付けてたとしても罪滅ぼしにはならないんですけど、そんなことにも気が付かない。

まぁ記憶の植え付けとか本来の記憶と整合性が取れずにバグりそうですしね。

蒼本来の優しい性格も押し付けられた記憶に耐えられなかった要因かな。

 

そこでまた新たな問題が発生する。

捕まらなかったのだ。

だから更に殺した。

でも捕まらない。証拠を残しても捕まらない。

6年前と同じ様に。

ひょっとして自分はそういう存在なのではないか?

誰を殺しても捕まらない。

罪は私が犯す。

では償うのは?

それはきっと6年前と同じ様に。

 

ここゾッとして凄い好きですね。入れ替わりに成功した紅は、その人生に潜む地獄に気がつくんですよ。蒼は実は大量殺人鬼で、証拠はそこらに残っている。その内警察は犯人まで辿り着く。そしたら捕まるのは紅なのだ。

当の犯人は荷物をおろしたかの様にスッキリしてとっくに自殺している。

このどうしようも無さ。

そしてエンドロール(この歌も良かった。ホラーに合う)。

(後輩が出来てるのである程度期間経過後)

そこには蒼(紅)を訪ねてきた人が。

この訪ねて来た人が警察なのかどうか言及はされてないから色々展開を空想できるのも良いですね。

辞めるつもりだったっぽい花屋にまだいたのは証拠だらけの店から離れることができなかったとかかな?

爽やかな話では無いんですが後味は悪くなかったです。

ヘイトコントロールが上手いからかな?最後に酷い目に合う紅が普通に悪いやつですしね。

いやぁ面白かった。

脚本がうまいし、シロさんの演技も凄いうまい。

双子の演じ分けも場面による声の演じ分けもプロ。

あと怖い役にめっちゃ合う。

見に行って良かったです。

パンフが売り切れてたのは残念でした。

再販しねぇかな。

 

 

因みに双子はDNAは同じだけど指紋は違うので入れ替わり自体は証明できそう。それでも殺したのは紅ってことになる気はするけど。

【TENET テネット】感想

は、話が難しい!!

何も説明できない。

とりあえず最後まで逆行すれば怪我がマシになる理屈がわからなかった。

ただ映像は面白いので飽きはしなかったです。

あと理論はわからなくても話の流れはわかります。

未来から送られてきた逆行装置。

その装置を使って世界そのものを逆行させようとする男(世界が滅ぶ)

それを阻止する主人公が所属させられた組織。

美人人妻。

有能相棒のニール。

みたいな話です。

ニールはあれ最後別れた後死ぬんだろうなぁ。

個人的には傑作!って感じでもなかったですが、いつか家で見る位なら映画館で見たほうが良い作品です。映像が凄いので。

でも話は難しいのでめっちゃ疲れる。

【劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン】感想

f:id:Shirosuke:20200922212521j:image入りがずるい!!

アン・マグノリアの孫の話から始まるのズルいでしょ!

話は

  • 病院に入院している死を悟った少年が、死んだあと家族に送る為の手紙をヴァイオレットに依頼する話。
  • 実は生きていたが罪悪感からヴァイオレットと会うことを拒否しているギルベルト少佐とヴァイオレットの話。
  • 主要人物達は亡くなっているであろう未来の話。

の三軸で進行して全部良いのだけど、少年の話が「これ泣かないなんてある?」レベルの話なので他二つに行く頃にはもう涙は枯れてました。

いやあれズルいでしょ!

内容は特に奇を衒う展開はないので予想から大きく外れることはないんだけど、人が泣くだろう話を真摯に作り上げられるとまぁ泣くよねっていう。

少年の最後のメッセージを近い将来に手紙と取って代わるかもしれない文明の利器である電話で伝える展開好きですね。技術の進歩によって喪われるものもあるけど、それだけじゃないんだよっていう。

それでも街頭のランプに火を入れる人の仕事が無くなっていってるんだろうと察せられるシーンは哀しさがありましたけど。

 

少佐周りはテレビ放送分ではヴァイオレットから見た少佐だけなので美化されてたけど実際は弱いところもある人間なんだよって感じの話ですね。

舞台挨拶でも言ってましたけど、あのまま少佐は生死不明のままの方が綺麗に終わったんじゃないかという意見もあるとは思うんですよ。

僕の中にもそういう考えはあります。

でもどんなに無様でも、格好よく無くても、生きてこそという話も解るし好きなんですよね。

(因みに小さい女の子が抱きついた時はちょっと「しょ、少佐大丈夫か!?」って心配になりました)

あと舞台挨拶で聞いたんですけど、ヴァイオレットと会うことを拒んでいた少佐の心を変えたヴァイオレットからの手紙ですが、最後の一文は音声になってないらしいっす。そしてそれが少佐を動かしたと。少佐とヴァイオレットが抱き合ってる時にアップになるとこに最後の一文が出てるらしいので誰か解読してほしい。

 

そして未来の話。

ヴァイオレットと少佐が過ごした島の切手がヴァイオレットの姿に。

ヴァイオレットが島でどう生涯を過ごしたのかが伝わる良いラストでした。

これでヴァイオレットの話はおしまい。

続編は出ないであろうという清々しくスッキリする終わり方で良かったです。

今までのTVシリーズの話が少しずつ出てくるのも良かったですね。

TVシリーズの話で様々な経験をヴァイオレットがしてきたからこそ、辿り着いたエンディングでした。少佐生きてるならとっとと戻って来いよ!って思いも、まぁ戻ってきてたらヴァイオレットの感情成長してねぇしなとなりましたね。

続編はないだろうけど、コンサートとかまたあれば行きたいですね。

良い作品でした。

 

 

 

【劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III. spring song】感想

f:id:Shirosuke:20200816004201j:image3月の上映も予約してましたが寸前でコロナにより延期になった作品。

良かった!

「桜の話メインなのでこの辺の説明は巻いてくね!詳しくは原作やってね!」

みたいな思い切りも良かったっすね。

士郎から剣が生えるとことか宝石剣の説明とか士郎のニューボディーのこととか原作やって無い人はわからないやろなと思いながらも楽しめました。

感想色々

初代御三家

ユスティーツァまだまとも枠かと思ってたけどガンギマリやんけ!

御三家だとマキリが1番まともそうだった(心のあり方が人間に近いという意味で)

願ってることも物騒だしやっぱ魔術師は碌なもんじゃねぇな。

滅んだ方が良い。

時代的に仕方ないけど褌の人に笑った。

宝石剣

いやあれはズルいよ。気持ちはわかるよ桜。

遠坂凛

なんで埋められてたんだ?

最初から最後まで格好良かった。

埋められてるシーンは出てないしね。

最後あと一歩まできて桜を殺さないところ好き。

あのポーカーはきっと負けてあげたのでしょう。

宝石剣は卑怯。

言峰綺礼

詠唱好きなので聞けて良かった!

最後の殴り合いは相手が剣なので映像になるとちょっと可哀想だなあれ。

本作品は桜メインなので原作よりも細かい説明シーンとかは省かれてた気がします。

仕方ないね!

セイバーオルタ

舞台挨拶によるとオルタにトドメを刺す士郎の演技に関して、最初は少し躊躇う演技をしてたけど「もうこの時点では士郎は覚悟決まってるので躊躇わずにやってください」的な指示があったそうな。

僕は原作ゲームでこのシーンで躊躇って死んだので感慨深いですね。

最後士郎の名前を呼ぶところも、実際一瞬目覚めていたらしくてどこまで鬼畜なのだ奈須きのこ。好き。

イリヤ

全般的に良かったね。

イリヤの「士郎は何も悪くないのに」って言葉で士郎は救われたって話好き。舞台挨拶で出た話かな?

桜はあんだけ強くなっても全然勝てないの良いですね。

いや、宝石剣が卑怯すぎるのだが。

だがレスバも弱い。

姉にコンプレックスを抱き、憧れ、期待し、助けて欲しかった。

姉から貰ったリボンは最後まで抱き続けた。

桜をこっちの世界に引き戻すのが凛なのが良い。

「勝ったんだな遠坂は」という士郎の言葉は好きな台詞上位です(遠坂は勝ったんだなだったかもしれませんが)。

イリヤに「姉とはどういうもの?」と聞かれ、答えなかった凛の命をかけた答えが桜を引きずり戻したんすよ。

いかん、凛の話になってきた。

僕は桜好きなんですけど言語化するのは難しいっすね。

桜の裸体を隠す配慮をするシェイプシフターも好き。マスコットキャラ目指してるのかお前。

桜の犯した罪は消えないし、贖いようもないけれど、幸せになって欲しい。

士郎

元々全キャラで士郎が1番好きなんすよね。

HFは別のルートの士郎ならしないようなことをしていくのが良いですね。

壊れて当たり前の人としての有り様をしていなかった士郎が更に壊れて人に近づいていく。

大切なものができ、死に恐怖し震える。

自分の代わりに門を閉じるイリヤの名を泣き叫ぶ。

他のルートの士郎も好きだけど、他のルートを経験したからこそHFの士郎が1番好きですね。

最後身体ぶっ壊れて橙子さんお手製のニューボディーになってましたけどあの身体は歳とるんすかね。

最後、桜と一緒に一歩踏み出すシーンは最高ですね、

番外編:色んな意味で面白かった部分(細けぇことは良いんだよ!演出の重要性は全てに勝る!)

冬木の森にそびえ立つ崖

士郎が腕の封印解いて青空に向かってアイキャンフライするとこ。

あれ最初心象風景的なものかと思ってたけど……バーサーカーの前に上から落ちてきたってことはあの辺に崖が実際にあるの!?

どうなってんだ冬木。

スタイリッシュライダーバトル

ライダーさんVSセイバーオルタ。

目を瞑ったり謎なスタイリッシュな動きの部分、凄いカッコ良くてテンション上がったけどどこか面白さもありました。そうはならんやろなっとるやろがい!みたいな動きでしたね。 

あと

「士郎は動きませんよ。私を信頼しているので。そう言えば貴方の時は……(信頼せずに動いてましたよねぷークスクス)」

みたいな煽りも超良かった。

宝具連携技も超かっこいいし戦闘ではライダーさんが1番格好良かったですね。好き。

溶岩

何あの溶岩。

どうなってんだ冬木。

ツイッターでみた「ゾウゲンが親指立てながら溶岩に沈むシーン」が嘘じゃねぇんだよな。親指立ててたかどうかは知らんが。

番外編:舞台挨拶の中田譲治さん

中田譲治さんが舞台挨拶で綺礼のコスプレをして両手に黒鍵持って現れたんですが笑いました。

中田譲治さんが映るたびに会場は笑いに包まれてました。

中田譲治さんの影の輪郭がまんま綺礼なのも面白かった。

 

というわけで全体的に最高でした。

次はFate/hollow ataraxiaをアニメ化してくれ!

 

【映画ネタバレ感想】ソニック・ザ・ムービー

久々の映画!

良かった。

まず開始5秒で感動できる。

SEGAの歴代キャラ達の映像がSEGAのロゴになっていくシーンめっちゃいい。

いや、桐生一馬に目が行き過ぎて桐生一馬ソニックしか覚えてないんだけどああいうの感動するよね。

本編は深い話とか細かい心理描写とか全くなく超わかりやすい話だけど楽しいからOKです。

初見でも問題ない親切展開ながらも、ゲーム知ってる人ならニヤリとする展開もあり、原作愛を感じました。

いやなんでこのクオリティで最初のキャラデザはあれだったんだ。

ジム・キャリーが演じるエッグマンも倫理観破綻してて最高。

超わかりやすい話ったけど、子供に貰った靴を履いて僕らが良く知るソニックになったり、エッグマンが段々エッグマンに近づいてきたり、エンドロール途中でテイルスがでてきたりと盛り上がるとこはしっかりありました。元のキャラデザだとどんなテイルスだったのか気になりすぎる!

そんなこんなでコロナ自粛明け一発目の映画はしっかり楽しめる映画でした。満足。

映画も公開されないし書くことないのでダイエット始めます!

タイトル通り。

スタート時データ。

体重 70.7kg

空腹は嫌なので間食はしますがスナック菓子から切り替えます。(自分に甘いので)

太りにくそうなやつ買ってきたぜ!

f:id:Shirosuke:20200505125957j:image

運動の記録や体重の記録をする予定。

でも一日で飽きて記載しない可能性もある。

そんな感じ。

早く映画公開してくれ。

【ミッドサマー】感想《なんやそのモザイクわろてしまうやろ!》

よかった……かな?

本作の監督であるアリ・アスター監督の前の作品、へレディタリーが精神への負荷が大きかったのでビクビクしながらみたんですが、そういう方向性ではこっちは全然平気でした。

へレディタリーの何が1番精神にきたかっていうと、首が取れた娘の死体を朝車の中でみつけた母親の悲鳴ですね。

この作品も最初のクリスチャンが電話を取ると聞こえてきたダニーの悲鳴のとこは精神をけずりました。ああいう悲鳴上手いですね。

怖さ的にはそこがピークでした。

驚いたのはまず祝祭が行われるホルガ村に着くまでが長い!!

長い!

あとはまぁグロいシーンとか怖いシーンとか色々あるんですけど、だいたい死にそうなとこで登場人物が死ぬので予想できるしダメージは少ないですね。

あと最後らへんのモザイクでだいぶ他の記憶消えた!

いやあのモザイクいる!?

いままで散々ちんこ映ってたやん!なんで今さらモザイク!?そんな裸に股関モザイクで走られたら笑ってしまうやん!怖がるどころじゃないよ!

あ……あと進撃の巨人好きなのでユミルの民とか生贄の数が9人だとか馴染みのある設定出てきたときはテンションあがりました。北欧神話繋がり。

嘆き悲しむダニーにホルガ村の女性達が合わせて嘆き共に悲しむシーンも好きです。

やはり同じように嘆いてる人が近くにいると精神が安定するのよ。良いカウンセリングシーンだったと思う。マッチポンプだけど。

ダニーが彼氏を生贄に新たな共同体を得て最後に笑顔になるシーンも好きですね。

なんという爽やかな終わり。

因みに僕はクリスチャンもアレだけどダニーも大概だろ派です。

面倒くさい女のエミュレート力が高い!!

死んだ奴らについては「あの時あれしなければ…」みたいな意見も見ましたが、9人必要ってのが本当ならこの村に来た時点で4人死ぬことは確定だったのでどの道死ぬ運命だったなと。大人しくしてても村に来た時点で多くて二人しか助からんじゃん。

儀式もどこまで本当かわからんけどね。(90年に一度の割には手際が良すぎるしメイクイーンの写真が多すぎる)

そんなこんなで悪くはない作品でした。

まぁでもそこまで刺されなかったかな。どっちか選ぶならへレディタリーの方が好き。二度と見ないけど。