映画やらアニメやら雑多感想ブログ

映画やらアニメやら雑多感想ブログ

アニメとか映画とかの感想を適当に書くだけ。ネタバレ有り。

【Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow】感想《まさかのスバルくん生存》

スバルくん死亡せず!

 

いやぁびっくりした。序盤いつ死ぬのかドキドキしながら見てたらまさか死なないとは。

よく考えたらOVAらしいし幸せな話があってもいいか。

この話で脚本監修してる長月先生の人としての心を使い果たしてしまったのじゃないかという点だけは心配ですが。

内容は登場人物みんな可愛くて良かったです。

スバルくん、せめて今だけは幸せな気分を味わうがいいさ( ´;ω;`)

原作者が仲が良いからから、このスバの冬将軍シーンっぽいのが出てきたところも笑いましあ。

 

あとエンドロール後に発表された異世界作品コラボアニメ、異世界カルテットも楽しみ。

オバロとこのすばと幼女戦記とリゼロかな?

ちびキャラ時空だからなんとでもなりそう。

でも本当はリゼロ続編を待ってたのでそっちもお願いしますよ角川さん。

【若おかみは小学生!】感想《別れと向き合う物語》

存在は知ってたけど、CMとかで興味が引かれなかった全然見る予定無かった映画ですが、ツイッターでの評判を見て見に行きました。

面白かったです。

タイトルからは想像できない重い話でした。

 

出会いと別れ。

生と死。

肉親の死を受け入れるということ。

赦しとは。

 

そんな重いテーマを前向きな主人公と幽霊達の力で必要以上には重くしない演出は見事でした。 

 

全体的には凄く好きな話だったんですが、主人公おっこが聖人すぎるのは少し気になったかな。

本人に明確な非は無い(加害者も事故に巻き込まれていた)とはいえ、自分の両親が死ぬ原因を作った男をあの少ない時間で赦すことは現実世界に生きる人間には(例え小学生じゃなくても)難しい、殆ど不可能に近いことだと思ったので、小学生が感情を飲み込み受け入れてしまうのは悲しいことのように感じました。

おっこがその境地に達したのも今までの経験やグローリーさん、幽霊達の存在、両親の幽霊が彼らを恨んでいなかったことも大きな要因だと思いますが。

 

まぁそこは気になったんですが、その部分も含めて良い映画でした。

そういえばツイッターの感想みてて納得したんですが、主人公おっこ含め子供達が大人顔負けの活躍するんですが、あれって児童書的表現なんですね。(子供向け作品だから子供が物語の中で活躍する)

そういう世界観なんだろうなと普通にスルーしてました。

 

あと話も良いんですが、映像も凄かったです。

序盤、主人公おっこの両親が死ぬ事故の場面の迫力が凄い。近年あんな感じで車が吹っ飛んでいく事故があったのでリアリティもありました。

 

グローリーさんの化粧前と化粧後で顔が違うのも感心しました。そういう表現をちゃんとする作品は案外あんまりないと思うんですよね。

 

以下気になった場面

  • 幽霊歴が長いウリ坊は物理干渉できなさそうなのにミヨちゃんは簡単にできてる謎。でも序盤の事故からおっこを守った時は物理干渉してるハズ。
  • 部屋の光景を変化させたり、ピンフリにおっこにしか見えない落書きしていたことから考えて、ウリ坊は顔に似合わず精神干渉系の能力者なのか。
  • 事故からおっこを守ったということは、ウリ坊は旅館ではなくおっこに憑いていたのか。それはエンドロールにあった約束からか。

 

【劇場版 のんのんびより ばけーしょん】感想《れんちょん本当に小学生か?》

f:id:Shirosuke:20180924134253j:image

面白かった!

これぞ日常系のアニメの劇場版という感じでした。大きな事件は起きない。一夏の出会いと別れ。

大人にとっては、どんだけ仲良くなっても出会って3日の人と別れる時に泣いたりしないと思うんですよね。

でも子供の頃はきっと僅かな時間遊んだだけでも大きな繋がりで。きっと親友にだってなれてしまう。

もしかしたら、もう二度と会えないかもしれないけど、忘れることのない出会い。

どこか自分の子供の頃を思い出すような、懐かしい感覚を味わえる映画でした。 

またいつか夏海とあおいちゃんが再開してたら良いなと思いました。

 

以下印象に残った場面や感想。

  • アニメでは実は殆ど言ってなかったニャンパスをここで言うとは。ファンサービスか。
  • デパートの洋服売り場で下着の描写だけやけに気合入ってるのは笑った。横に陳列してるポロシャツとか適当だったし。
  • 福引で4人分の沖縄旅行が当たったとはいえ、全員で10名。かなりの金かかってそう。宮内家の家計は大丈夫なのか。てか駄菓子屋にも金出してあげるとか本当に家計は大丈夫なのか。
  • ひか姉がいいキャラしてる。れんちょんの前では粋がって沖縄旅行に興味ないようなかおしながら、れんちょんがいなくなったら速攻で土下座して沖縄旅行参加をお願いしてるシーン好き。旅行でも結構散々な目にあってる感じだったけど本人は楽しんでそうで良かった。
  • エアコンをいつもより使ってる描写とかエアコンのリモコンに目がいくシーンとかがあったからてっきり誰かが風邪ひくのかと思ったけどそんなことなかった。
  • 民宿の娘あおいちゃんが隠れてバドミントンの壁打ちしてるシーンで、てっきり家業とやりたいことの板挟み的な展開かと思ったら全然そんなことなかった。母親ふつうに娘に理解のある良い母親だった。
  • 夜光虫と星空のシーン感動した。したけど、夜光虫ってプランクトンなのよね。昔住んでたたこにも夜光虫でたんだけど、それ知ってるからあまりあの光る海に入りたくならなかった。嫌な大人になったものだ。純粋にあの世界を楽しめる頃に戻りたい。
  • れんちょんの最後の絵は夜光虫と星空かと思ってたので驚いた。てかアイコンタクトで夏海に最後の挨拶を促すとか小学生にしては精神年齢高いような。あと絵が上手くてビビる。具とか超上手い。

シンガポール旅行 3日目 帰国編 クレジットカード紛失編

いよいよ持って帰国!

ということでチエックアウトして空港に行って飛行機のチケットを発行しました。

f:id:Shirosuke:20180924001814j:image

全然知らなかったんですけど、この機械にパスポート読み込ませたらペラペラの紙ですけどチケットが発券できました。未来ズラ〜。

そして昼飯食ってお金払った時にふと気がつきました。

クレジットカードがない!!

スラれるような場所に保管してなかったので、落としたかホテルで支払って返してもらうの忘れてたかどっちかだと思うんですけどとにかく無い!

適当な英語でインフォメーションの人に聞いても落し物では届けられてない。

ヤバイ

なんとか、なんとかクレジットカードを止めなければ!

そこで役に立ったのが30分国際通話付きsimカード

カード会社に連絡(中々繋がらなくてかなり焦った)して速攻で止めてもらう。

ありがとうSimカード。ありがとうイオン。

因みにクレジットカードの使用履歴は一週間くらい経たないと反映されないものもあって(運営にもわからない)、それから1週間ハラハラドキドキでしたけど特に不審な履歴は無かったです。

その後飛行機が遅れたりと色々ありましたけど無事飛行機は飛び立ち帰国できました。

我ながら自業自得のアクシデントとぼくがあんまり悪くないアクシデントが多発した旅行でしたが楽しかったです。

シンガポールは結構小さい国で、行きたいところは行った気がするのでまた行くことはなさそう。

因みにシンガポール旅行で1番美味しかったのはスタバで食べたこれでした(オイ)

f:id:Shirosuke:20180924002616j:image
f:id:Shirosuke:20180924002618j:image

以下シンガポール旅行に関する過去記事

シンガポール旅行 出発準備編 《シンガポール動物園が予約できない》 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 関空出発編 (帽子紛失編)《思ったより狭いエコノミー》 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 空港Wi-Fi利用&入国審査編 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 SIMカード購入編(両替編)SIMカードトラブル?編 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 1日目 交通手段編(早速荷物検査される編) - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行1日目 観光編 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 2日目 シンガポール動物園編 バスが写真と違う編 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 2日目 シンガポール動物園編 バスが写真と違う編

シンガポール旅行2日目はシンガポール動物園へ(最早よりもい関係ない)。

その時のトラブルなどを。

バスがこない

シンガポール動物園へは電車では行けないのでボヤーギンみたいな名前のサイトでバスを事前に予約してたんですよ。

事前に来たメールでは9時到着予定のバス。

しかし待てど暮らせど来ない。

心配になって検索すると予約したサイトのホームページでは9時半になってる。再度確認してもメールには9時と書いてるのに!

文句は後でするとして来たバスがまた予想外。

サイトではこんな写真が掲載されてたんすよ。f:id:Shirosuke:20180923223230j:image

それが来たのは小さい絵も描いてないマイクロバス!

見逃すとこやで!

事前に買った入場券の使い方がわからない。

動物園はネットで予約してQRコード入りの紙を印刷して持って行きました。

ネットのレビューには「QRコード用の機械に通すと並ばずにチケットをすぐ発券できました」とか書いてたからそれらしき機械に通したんすけど、「該当する番号はありません」としかでてこない。

なんやこれ、手配ミスか!?っとかなり焦ったんですけど、従業員の人に身振り手振りで聞いたところによると普通に並んでチケットカウンターで紙を見せないといけない感じでした。誰やあのレビュー書いたやつ。

チケットはどの施設のものでも同じ絵柄でややこしいです。

f:id:Shirosuke:20180923224737j:image 

三つの施設全部行きます。

f:id:Shirosuke:20180923233642j:image

シンガポール動物園

f:id:Shirosuke:20180923224814j:image

開催されてるショー

シンガポール動物園では4種類のショーが1日2回ずつあって、それを全て見れるように回りました。

時間はパンフに書いてあります。

f:id:Shirosuke:20180923224417j:image

f:id:Shirosuke:20180923224420j:image

Elephants at work & play show

f:id:Shirosuke:20180923225408j:image

象がドリアン食べたり水の中で転がったりします。

選ばれた観客は餌あげたりしてました。

迫力あって良かったですけど人が多くて近くでは見れなかった。

Rainforest Fight back show

f:id:Shirosuke:20180923230658j:image

熱帯雨林に住む色々な動物が見れます。

動きが速くて写真には撮れなかったけど、綺麗な鳥とか猿とか。

実際に飛んだり、ロープの上を猿が渡ったりして結構楽しめました。 蛇もいます。

f:id:Shirosuke:20180923230637j:image
f:id:Shirosuke:20180923225446j:image

小さい蛇を持ってる観客の後ろから忍び寄る巨大蛇。

f:id:Shirosuke:20180923231221j:image

Splash safari show

f:id:Shirosuke:20180923225448j:image

アシカのショー。

前列は豪快に水がかかります。楽しい。 

Animal friends show

個人的には時間が無ければ見なくても良いと思います。簡単な犬猫ショーみたいなやつで、見てる人も子供連ればかりな感じでした。

f:id:Shirosuke:20180923225621j:image

シンガポール動物園で見れる動物達

正直日本でも見れる動物が多いですが、かなり近くで見れる動物もいてテンション上がりました。

ホワイトタイガーはこの動物園の目玉みたいです。

f:id:Shirosuke:20180923232141j:image
f:id:Shirosuke:20180923232149j:image
f:id:Shirosuke:20180923232144j:image
f:id:Shirosuke:20180923232152j:image
f:id:Shirosuke:20180923232130j:image
f:id:Shirosuke:20180923232138j:image
f:id:Shirosuke:20180923232136j:image
f:id:Shirosuke:20180923232132j:image
f:id:Shirosuke:20180923232155j:image
f:id:Shirosuke:20180923232147j:image

リバーサファリ

f:id:Shirosuke:20180924001402j:image

f:id:Shirosuke:20180923233115j:image

シンガポール動物園の隣にある川特化型動物園です(適当)

可愛い猿を至近距離で見れます。

f:id:Shirosuke:20180923232951j:image

川を進み川沿いの動物達を観察できるボートアトラクションが楽しい。
f:id:Shirosuke:20180923232628j:image
f:id:Shirosuke:20180923232624j:image

魚も見れます。

f:id:Shirosuke:20180923232901j:image
f:id:Shirosuke:20180923232904j:image

因みに僕悲しいことにリバーサファリでMRTのカードを亡くしました。

ナイトズー

f:id:Shirosuke:20180924001457j:image

マスコットキャラの目つきが悪過ぎる。

f:id:Shirosuke:20180924001552j:image

 

チケット入手場所

チケットは17時30分位からしかゲットできません。

これ僕は間違えたんですが、ナイトズーの前の受付ではなくシンガポール動物園のチケットカウンターでチケットを受け取ります。 

f:id:Shirosuke:20180923234058j:image

日本語トラム

f:id:Shirosuke:20180923233812j:image

ナイトズーはまずトラムというか乗り物で園内を回ります。10ドル追加で日本語音声切り替えができる乗り物に乗れます。ネットで調べた時は日本語で案内のある乗り物は独立していて、先着順なのであまり取れないと書いてあったのですが、僕が行った時は他の言語にも対応している自動音声を聞くシステムだったので、以前よりは予約しやすくなってる気がします。

クリーチャー オブ ザ ナイトショー

夜の動物を紹介してくれます。

最後はカワウソがゴミを分別してリサイクルの大切さを伝えて終了。

f:id:Shirosuke:20180923234828j:image
f:id:Shirosuke:20180923234830j:image

司会「リ?」観客「サイクルー!!」

みたいなノリでした。お国柄が現れてて面白かったです。

トラムでの移動 

この機械で日本語の番号を設定して案内を聞きます。

f:id:Shirosuke:20180923235402j:image
f:id:Shirosuke:20180923235400j:image

流石に暗すぎて写真は殆ど撮れなかったけど、夜に動物を見るというのは中々面白かったです。

f:id:Shirosuke:20180923235544j:image
f:id:Shirosuke:20180923235539j:image

歩きでも見れる

トラムでの案内が終わると、歩きでも回れます。

夜の探検みたいで面白いですね。f:id:Shirosuke:20180923235706j:image
f:id:Shirosuke:20180923235700j:image
f:id:Shirosuke:20180923235703j:image

コピルアクって猫だけじゃ無かったの…。
f:id:Shirosuke:20180923235653j:image
f:id:Shirosuke:20180923235657j:image

帰りのバスがおかしい

いやー楽しめた!

一日中動物園を満喫!

そしていよいよ帰るそんな時。

行きと同じ会社で予約してたのでマイクロバスで帰ることを覚悟してたんですよ。

そしたらなんと案内された場所にあったのはマイクロバスですらなくてバンみたいな普通の車!

狭いというか怖っ!

これ本当に目的地に着くのかと不安になりました。

(ちゃんと着いた)

中々貴重な体験でした。 

これが↓

f:id:Shirosuke:20180923223230j:image 

これになった↓
f:id:Shirosuke:20180924000123j:image

以下シンガポール旅行に関する過去記事

シンガポール旅行 出発準備編 《シンガポール動物園が予約できない》 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 関空出発編 (帽子紛失編)《思ったより狭いエコノミー》 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 空港Wi-Fi利用&入国審査編 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 SIMカード購入編(両替編)SIMカードトラブル?編 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行 1日目 交通手段編(早速荷物検査される編) - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

シンガポール旅行1日目 観光編 - 映画やらアニメやら雑多感想ブログ

 

 

 

【プーと大人になった僕】感想《ニートにならないのかよ!》

地味だけど良かったです。

ただ吹替だとクリストファーロビンの声が半沢直樹なので、上司を土下座させそうな雰囲気が出てましたけど。

ただ吹替は(多分)プーさんの声とかが遥か昔にみたアニメの声と同じなので、そのあたり昔見たことがある人は楽しめそう。

この映画1番のポイントは最初10分位のクリストファーロビンとプーさんの別れのシーンかな?

懐かしさもあってこの場面が1番印象に残りました。

他には大人になったクリストファーロビンのことをプーだけが一目でクリストファーロビンだとわかる場面とか良いですね。

ティガーもアニメで見たときの様なノリで暴れまわってて楽しめました。

子供の頃見たときは、プーさんだけがぬいぐるみだと思ってたんですけどオウルとラビット以外はぬいぐるみだったのね。初めて知った。

あと予告見たときはプーさんが結構ボロかったので、年月が経ってボロボロになったのかなと思ったらクリストファーロビン幼少期から普通にボロかった。

この映画見た人が仕事辞めたくなると言っていたのでてっきり最後にはクリストファーロビンは仕事辞めるのかと思ってたら全然仕事辞めてなくてそれは期待ハズレでした(オイ)

まぁ妻子もいるしね。

あとクリストファーロビンの起死回生の一手が異世界転生主人公が思いつきそうな簡単な感じのものでそこはちょっとがっかりかな。

この映画の良かった部分は懐かしさ補正がかなりかかってるので、プーさん知らない人が見るとどんな感じなのかは気になるところでした。

 

 

【ISLAND】最終回まで見た感想《解決してなくない??》

今期最初に完走したアニメ。

途中グダッた気がするけど順当に面白かったです。

過去にタイムスリップするともう1人の自分と出会ってしまう問題を実は過去にタイムスリップしてないという展開で解決するとは。

そしてまさかの真ヒロイン登場。

予想してなかったので面白かったです。

しかし面白かったことは面白かったんですけど、

これ何も解決してなくね!?

死んだリンネの為に未来へたどり着いた筈なのに、この話だと過去に死んだリンネは死んだままなんすよね。

あと過去世界のリンネもセツナの娘なのかも気になる。

だとすればセツナは少なくとも1回(恐らくは何回も)セツナは自分の愛した人間に気がつかず、娘を死なせてしまっているのか。てか何人子供がいるのか。

リンネ死ぬ→セツナコールドスリープ→未来で嫁作る→セツナコールドスリープ→嫁コールドスリープ→嫁が二巡目の世界にたどり着きリンネを産む→セツナが二巡目の世界にたどり着くが記憶を失う→リンネ死ぬ→セツナコールドスリープ

というセツナが記憶を保持するまで続く無限ループなのだろうか。

最終回の世界にたどり着くまでに何人のリンネが死んだのか。

原理上、セツナはコールドスリープの機械からでて動いている時間分は歳をとる筈なので、何処かで限界はある筈だけど。

こう考えると少し後味悪いけど、バッドエンドルートはバッドエンドルートで存在していて、ハッピーエンドにたどり着いたとしても彼女達の死は確かにあったんだよ、という感じはこの手の話では新鮮な気がします。

ゲームやったらセツナがどこから発生したのかとかそういう話わかったりするのかな。

同じ世界を繰り返しているなら、二巡目以降の世界にもセツナがいる筈なんすよね。

セツナがどっから湧いて出たのか気になる……。