映画やらアニメやら雑多感想ブログ

映画やらアニメやら雑多感想ブログ

アニメとか映画とかの感想を適当に書くだけ。ネタバレ有り。

【ネタバレ映画感想】フルメタル・パニック ディレクターズカット版2 ワン・ナイト・スタンド

懐かしさで泣ける



11月公開の第1弾 ボーイ・ミーツ・ガールに続き第2弾も見てきました!
やはり懐かしい!第1弾の時も書いたんですけど、僕は原作ラノベは読んでたけどアニメは見れてなかったんですよね。それでもなんか帰ってきた感と懐かしさを凄く感じました。
あとこの作品に登場するキャラクター達が自分は好きなんだなぁと再確認しました。

年齢による好みの変異を実感

なんの話かというと女性キャラの話ですよ。
ラノベ読んでた当時はテッサが好きだったんですよ確か。
今みると千鳥物凄い良い子ですね。
今みると当時の印象以上に滅茶苦茶な宗介にしっかり付き合って自分が悪いと思ったらちゃんと謝ってる。
一方でテッサは今の僕がみるとかなり面倒くさいキャラのような……。
千鳥がやらかすのは素人だからいいんですよ。仕方ない。でも貴女プロでしょと。
それでもまぁ可愛いんですけど。
そしてその2人より何よりマオの方が好みと感じたことに自分も歳をとったと実感。
(読み返したら第1弾の感想でも同じこと書いてました)

当時知らなかったこと

この作品を読んでた当時は国際展示場のことを全く知らなかったんですよね。
ラノベも漫画もアニメも大好きではあったんですけど、イベントとかに興味あるオタクでは当時はなかったので(というよりそもそもそういう世界があることを知らなかった)、コミケの会場だということも知らなかったんですよ。
だから多分ただの施設名として読み流して覚えてなかったんですよ。
だから今日この作品を見て結構重要な箇所に国際展示場が出てきて驚きました。
おお、コミケがやってる国際展示場じゃん!と。
やはり作品を見たときの感想は自分自身の中にある経験によって変わってくるのだと実感しました。
シン・ゴジラとかも東京住んでる人の方が100倍楽しめたと思うんですよね。知ってる場所が壊れるから。

数少ない不満点

全体的に満足な出来だったんですけど、数少ない不満点が長い止め絵なんですよね。
正式に止め絵って言っていい場所なのかはよくわからないんですけど、シーンの最後のポーズ(お互い向かい合った所とか)で登場人物の動きが停止してそのまま時間が経つ感じのところですね。
止め絵使わないでって言いたいわけでは無くて、なんかこのシーンが長いんですよ!
止め絵のまま会話とかがあれば別にいいんですけど、会話もないまま(BGMだけは流れてたかな?)固まるシーンが何回かあって、こういうシーンなのか機械の不具合なのか心配になりました。余韻を残す為の演出にしても長かったような……。
まぁ不満点はそれくらいでした。
全体的に必要な話はしっかり入ってて編集凄いなぁと思いました。

第三弾も見に行きます

ここまできたら第三弾もしっかり見に行きます!
来週?かな?
今から楽しみです!

【ネタバレ映画感想】キングスマン ゴールデンサークル

続編の宿命

キングスマン ゴールデンサークル見てきました!
一作目は悪趣味なシーンが多いながらも軽快で面白く、今見ても好きな作品の1つです。
そこで期待してみた本作!
ーーーー正直微妙でした。
面白いことは面白いんですけど、どうしても一作目も比べてしまうと……。
一作目が売れた作品の宿命ですね。
ですのでこれから書く感想はあまり褒める内容は無いと思いますのでこの作品が好きな方はご注意を。

ヒロインが可愛くない

まずヒロインが可愛くないです。(あくまで個人的な美的センスでの判断ですが)
相棒?のロキシーの方が美人です。
いや、それよりなにより前作のどっかの国の姫さまってレギュラーキャラだったの!?
てっきりスパイ物とかルパン3世シリーズでよくある現地の女といい関係になるけど次の作品では影も形も無いキャラだと思ってました。
このお姫様、ヒロインである必要性が全くわかりません。ロキシーでいいじゃんロキシーで。
最終的に薬物で身体が動かなくなるんですが、その姿もちょっとブサイクな感じです。これは別にこの人が悪いわけじゃなくて固まった時の表情に変顔を支持されたのだとは思いますけど。

敵のキャラが弱い

前作は義足が刃物であるガゼルと無料simカード配って無差別に人の頭吹き飛ばそうとしたイカれた大富豪ヴァレンタインという濃いキャラでした。
それが今作は麻薬王と片腕が機械の男とロープ野郎!
被害者は麻薬中毒者!
この時点で麻薬が蔓延してない日本人の私は自業自得じゃんってなってしまいました。
あと片腕が機械の男、オートメイル使いという属性持ちの癖にキャラが弱い!
ハッキングされて負けるってなんやねんそれ。
麻薬王もあっさり倒されるしなんやねん。
麻薬王さん最後までアメリカ大統領が自分の願いを聴くと思ってたあたりもツッコミどころ。てっきり大統領の思惑を見破ってるのかと思ったのに!
そして最後のロープ男。
アクションシーンは格好良いです。戦う動機がありきたり過ぎる気はするけどまぁアクションシーンが格好よかったから帳消し。
(でもこの3人合わせてもガゼル1人のインパクトに負けてるような)

エルトンジョンは良かった

誘拐されたエルトンジョン(多分本物)が戦うシーンは良かった。てか本人役でこんな色々(男色的なシーンがあったり)やられてOKなのは凄い。

音楽の壮大さで全てを誤魔化せ!!

壮大な音楽!それは全てを誤魔化すアイテム!
女性のパンツに手を入れる時に流れた時は笑ってしまいました。あれは笑えるシーンとして作られた場所なのかは不明だけど。

マーリン死ぬ必要あった?

ほんとこれですよ。
いや別に登場人物が死ぬのは仕方ないんですけど、あそこで死ぬ必要ありました?
今まで現場に出たことのなかったマーリンがスーツを着て武器を手に取り、出陣して熱い展開になったところで即爆破ですよ。
もっと良い流れ作れたでしょ!
死んだのもエグジーがミスったからだしね。
(あとロキシーもあそこで殺す必要あったか?)

そんなこんなで

そんなこんなな感想でした!

【ネタバレ映画感想】ガールズ&パンツァー 最終章 第1話

最初に雑な感想を


面白かった!
桃ちゃん先輩、思った以上にポンコツだったけど皆に慕われてるのね。
そして制作スタッフにもきっと好かれてる!
桃ちゃん先輩が主役!
みたいな感じの最終章第1話でした。

桃ちゃん先輩留年報道!

大洗に桃ちゃん先輩留年疑惑の号外が流れる!!
それほどやばかったのか桃ちゃん。
実際は進学がやばくて浪人の危機だとのこと。
それでも受験勉強せずに(!)今後の大洗の為に戦車を探す姿は泣けます。(勉強しろよ)
あと杏元生徒会長と柚子元副会長は同じ大学に行くみたいな話も良いですね。

廃校……ならぬ浪人の危機から救え!

今回廃校はしません!
桃ちゃん先輩を大学進学させる為にみんな戦います!隊長になって大会に優勝してAO入試狙いです!人望はあるんだよ人望は。

深まる学園艦の謎。船底部の闇。

探せばそこら中で戦車が見つかる学園艦。
今回も桃ちゃん先輩の調査により新たな戦車が見つかります。
そこは学園艦船底部。
魚の養殖場か研究施設かよくわからない最新鋭設備区画(ここも不思議過ぎる!食料を自給してるのか?)を抜けた先に存在する学園艦のヨハネスブルグ
有刺鉄線のバリケード、散乱するゴミ、たむろするチンピラ(見た目判断。実際どうなんだろ)
そして西部劇に出てくるような、ミルクを注文したらチンピラが絡んでくるバー。
果たしてなぜこのような場所が放置されているのか、なぜソド子は今までここを訪れて無事だったのか、攫われたソド子が一瞬にして鎖で鉄球と繋がれ掃除当番にさせられてた早業はなんなのか。
学園艦の謎が深まる!!!
まぁでも退学はさせられてないらしいし彼女たちも多分授業とか普通にでてるんだろうな……。

西住みほは肉弾戦も強かった!

よくわからない内に捕まったソド子を助ける為にバーにいたチンピラ?チームと戦うアンコウチームメンバー。
他のメンバーは自分の得意分野で活躍するのだが、西住みほは肉弾戦。
今まで登場した女性キャラの中でも1番ガタイがよさそうなムラカミさんとの対決。
相手の打撃は全て避け、お辞儀からの頭突きパターンかと思いきやお辞儀の反動だけで相手を吹き飛ばす強靭な肉体!
「みぽりんいつも砲弾とか避けてるもんね~」じゃないですよ!それもおかしいけどもっとおかしいことしてたでしょ今!

あ、バーの店員さんが闇落ちした西住みほみたいな見た目で可愛かったです。

そして(桃ちゃん先輩の)運命を決める無限軌道杯へ。

無事ゲットできた新戦車。そし大恩ある桃ちゃん先輩の為ならと参加したチンピラチーム改め鮫さんチーム。
初戦の相手は一回戦敗退常連チームであるBC自由学園
チームワークがめちゃくちゃな様子を見て少し油断して挑んだらなんやかんや追い詰められます。桃ちゃん先輩浪人の危機!!
そしてなんやかんや西住殿の機転で助かり……続きは2話で!!
続くんかい!
いや全然良いんですけどてっきり1話で1チーム対戦くらいの流れかと勝手に思ってたので驚きました。まぁ正直学園艦船底部の話あたりで尺的に無理かなとは思ってたんですけど。
戦車戦は自信なさげに「パンツァーフォー…」って言う桃ちゃん先輩が可愛いかったですね。
この話、てっきり桃ちゃん先輩が隊長になって調子に乗ってやらかすのかと思ってたんですけど、ちゃんと西住殿の話聞いてるところも良いですね。

その他①ダージリン様、イギリスに行ったこと無い疑惑

第一話は今までの作品に登場してたキャラのちょっとしたシーンも良かったです。
ロシアに留学するらしいのにロシア語話せないカチューシャとか、ドイツに留学済みの西住まほとか、隊長に就任したけど不安で西住まほに連絡をとるエリカとか皆よかった!
でも個人的に1番良かったのはイギリス留学が決まって「ようやく本場のアフタヌーンティーが飲めますわね」とか言ってるダージリン様ですね。そういやこの人こんな見た目してるけど日本人だったなってのを思い出したのとイギリス行ったことなかったんすねって思って変な笑い出ました。
継続チームのサウナシーンも良かったけど大会に不参加なのは悲しい!
知波単学園の福田さんは一人だけ突撃主義から抜け出して洗脳が解けたみたいになってなんか孤独感が漂ってますな。

その他②3DCG大活躍!

車長が戦車からピョコンと外に出てる描写で良く使われてた気がします。
その部分はちょっとゲームの画面感が出てしまってる気もするけどそこまで大きな違和感は無かったかな?
本編の内容とは関係ないですが、これからどんどん3DCGの使用が増えるんだろうなぁと見ながら思ってました。最近の3DCGは普通に見た目可愛く見えるようになりましたね。

最後に:2話が楽しみ!

そんなこんなで盛り沢山な話でした。
とても40分くらいとは思えないぐらいで、面白いのに体感時間が長いというのは稀有な体験でした。
あと5話で終わりかと思えば悲しいのだけれど、1話が大変良いクオリティーでしたので素直に続編も楽しみです!

追伸:パンフレットの裏表紙のデザイン凄く好き。
そして色紙はこちらをゲット!!(今回はどの色紙も欲しいイラストだったので実質負けが無い勝負ではありました)

追記:アンコウの絵に刻まれた弾痕が消えた訳

ガルパンは全部見てるんですが、ミリタリー知識は全く無いので、橋に追い詰められたところでアンコウチームの戦車のアンコウのイラスト部分に刻まれた弾痕が次の瞬間には消えてた理由がわからずに不思議に感じてたんですよね。あまりに目立つシーンなので作画ミスだとは思えないし。ツイッターでだれか理由知らないか聞いたところ、あれは対戦車ライフル防御用のエプロンである「シュルツェン」という部分が外れたのではないかと。
なるほど、そんなのがあるんですね。
自分は動体視力があまり良くないので突然絵が復元した様に見えたんですけど、動体視力が良い人なら外れて吹っ飛んだ瞬間も認識できたのかな。
もう一度見ることがあったらその部分をもっと集中して見てみようかと思います。

【ネタバレ映画感想】KUBO/クボ 二本の弦の秘密


口コミで話題になってるの見て気になって見ました。
予告とかで存在は知ってたけどキャラデザとかが好みじゃなくていくつもりはなかったんだけど……見てみたら面白かった!!
これストップモーションで撮影された映画みたいなんですけど、それを知らずに(多分口コミ情報とかにも記載されてたんだけどスルーしてしまってた)見てました。言われないとストップモーションムービーだと全然わからない程動きがスムーズ!!3DCG映画かと思ってました。
そしてそういった技術だけじゃなく世界観もストーリーも良い。
日本文化を全面的に導入した世界観なのですが、よくあるコレジャナイ文化解釈とかがほぼ無い。灯籠流しとか死者に対する思いとか良く描かれていたと思います。
クボの三味線を奏でれば折り紙たちが動き出すシーンも迫力や楽しさがありました。
この映画、基本主人公と元は主人公の持つ木彫りのお守りだったサル、呪いで記憶を消されて虫(人間サイズ)にされたクワガタの3人で伝説の武器を探す冒険譚なのだが、その3人以外にも良いキャラがいっぱいでてきます。
特に主人公クボが育った村のお婆さんが良かったです。
自分も(恐らく)物乞いで、生活が苦しいだろうにそんな素振りも見せず、明るくクボを気にかける。
折り紙芸でクボの方が圧倒的に稼げてるんだけど、それを妬む素振りは一切無く、クボを応援している。
いそうだけど中々いないキャラだったと思います。とても好き。
あと他の村の住人も良かったです。
ツリ目の人とかがいて一見悪人かなと思ったりするんですけど、あの村には悪人は1人もいませんでした。
最後にはクボと共に月の帝に立ち向かい、そして村を滅ぼした(恐らく建物が壊滅しただけで人的被害は無い)クボの力で記憶を失った月の帝を許します。
そういった人の優しさなどもこの作品の良さの一つの要素だと思います。
(作中では月の帝は人の感情を有害なものだと否定していたのでその対比かな)
良い話はやっぱ脇役もしっかりと描く必要があるのだと思いました。
あとエンドロールの途中で撮影風景が出てくるのですが凄かった。
作中でてきた巨大ドクロが本当に巨大!
それを少しずつ動かして動画を撮るというなんと気の遠くなる作業か!その映像だけでも感動します。
撮影風景だけ集めた動画とか出して欲しいですね。
全体的に満足できる作品でした。

【あえてあげてみる不満点】
邦題
二本の弦の秘密ってタイトルですが別に秘密でもなんでも無かったので。二本の弦は重要アイテムなんですが、物語終盤まで存在してないですし。
まぁ原題そのまま訳すと二本の弦だけになるので仕方ない気もしますけどね。

【ネタバレ映画感想】フルメタル・パニック ボーイ・ミーツ・ガール ディレクターズカット版


1週間限定で劇場でやってたので行ってきました。
話の内容としてはミスリルという軍事組織に所属する相良宗介が、謎の組織に狙われる女子高生千鳥かなめを護衛する為に正体を隠して高校生として生活を始めるが、戦闘の経験しかない主人公の常識のない行動に周りは振り回されていく……みたいな話。
ラノベは読んでたけどアニメは見たことなかったので、どの辺りカットされてるのかはわからなかったですけど面白かったです。
不自然な話の流れとかは特に無し!(あ、これエンディングの入りのカットやなみたいなのはあった)
あとスレイヤーズが表紙の雑誌とかMDウォークマンとかが出てきて懐かしさで泣きそうになるなど。千鳥かなめのパンチラシーンの連続にも時代を感じる……。

僕は基本的に理不尽暴力系ヒロインは好きでは無いのですが、この作品の主人公宗介の日常生活での行動がかなりヤバイ(ヒロイン千鳥かなめへのストーカー行為、銃器の持ち込み、動いている電車からの飛び降り)ので、ヒロインが主人公殴ってもヘイトが溜まったりしないですね。
ラノベを読み始めた時はテッサの方が好きだったのですが今見るとカナメの方が好きな感じでした。まぁそれ以上にマオの方が好きですけど。
これが歳を取るということか……。
ボーイ・ミーツ・ガールはかなり満足できたので1月の2作目も見ようと思います。
でも結構先出し1週間しかないしで見逃しそうで心配……。

【ネタバレ映画感想】ジャスティス・リーグ



まずこの映画見た殆どの人が抱く感想をば

もうスーパーマン1人でいいじゃん!!

もうスーパーマン1人でいいじゃん!!!!

え、スーパーマンってあんなに強かったの?

バットマンVSスーパーマンバットマンよく善戦してたな……。

主な感想は以上なんですが、それを含めてそれ以外の感想も。

まず話はバットマンVSスーパーマンでスーパーマンが死んだ後の話。
shirosuke.hatenadiary.jp

これにも書いたように、バットマンVSスーパーマンではバットマンがかなりイかれた人間として描かれているのですが本作は比較的まとも。
ワンダーウーマンと共にフラッシュ、サイボーグ、アクアマンを仲間にして異世界(宇宙?)からの侵略者と戦う。

アクアマンは格好良いし(水フィールドの戦場が少ないので目立たないのが残念)、フラッシュは面白いし、サイボーグもサイボーグキャラ立ってるしで今作から参戦したヒーロー達も良い感じ。
バットマンVSスーパーマンの時のワンダーウーマンは無理やり話に挿入した感があったけど今作は結構スムーズに参戦してるのも良い。
孤独だったバットマンが他のヒーローと共闘して助け合ってる姿も熱い。

あと不満点としてはスーパーマンですかね。
まぁ殆どの人が予想してたとは思いますが、前作で死んで国を挙げてお葬式をしたスーパーマンが蘇ります。
いやそれは良いんです。スーパーマンが死ぬわけないし。
そう、
結構あっさり蘇ります!

そこはもっとこう、最後の最後の絶対絶命のピンチに蘇るとかでもよかったのでは……。
人々の願いに応えて蘇るガメラ的な感じでも……。

あとスーパーマンさん、想像以上に強いみたいで他のヒーロー全員で共闘しても足元にも及ばないレベル。
超光速移動能力者のフラッシュより速く移動できるし神の血が流れてるワンダーウーマンより力が強い。
もう本当にお前ひとりでいいんじゃないかレベルでパワーバランスがおかしい。
今回のラスボスも雑魚扱いでした。
これもう続編出たら、いかにスーパーマンを弱体化させるか、戦いから遠ざけるかってストーリー展開になるのはほぼ間違いないんじゃないでしょうか。

あとバットマンVSスーパーマンバットマンとスーパーマンがよくわからんうちに和解したのもモヤモヤに拍車をかけてますね。
スーパーマンの戦いの余波でブルース・ウェインの会社が崩壊して社員も多数死んで、バットマンがスーパーマンを危険視するのは特に間違ってなかったのでは。
スーパーマンが戦わなければもっと被害が大きくなってたのは確定的にあきらかではあるがそもそもスーパーマンがいなければ戦いが発生しなかった可能性も……。
それなのにスーパーマン絶対殺すべしモードだったバットマンがスーパーマンの母親と自分の母親が同じ名前だったという理由で戦いをやめて【スーパーマンいいやつ…】みたいになるのはどうも……。
スーパーマンが母親を人質に取られていたからってスーパーマンの過去の行いを見直すきっかけにはならないのではないかと。パンフには誤解からスーパーマンと戦ったとなってるんですが一体どのへんが誤解だったかがよくわからないままでした。

あと個人的にはペンギンやジョーカーやダブルフェイスやMr.フリーズ達みたいな人間の犯罪者と戦ってきたバットマンを見て育ったので、宇宙人みたいなやつらと戦ってるバットマンにはなんか違和感ありますね。
まぁジャスティスリーグバットマンはそういった犯罪者との戦いを終わった後みたいですけど。
そこらへんの話をバットマン単独主人公でやってほしい。

もっと人間の闇をみせてくれよ!!

そんなこんなで不満点もありましたけど、笑えるとこも熱いところもありで次作への期待がまだできる作品ではありました。
次は誰が主人公かな?

【ネタバレ映画感想】IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

ストーリーに関して何の前情報も無く見に行きました。
その結果ーーーー全く怖く無い!!
いや全くは言い過ぎかもしれない。
最初数分は本当にビクビクしてました。
CMの映像以外何の前情報も無い状態で、知ってるのはピエロがでてくることくらい。
序盤はてっきりこのピエロが人間の殺人鬼なんだと思ってました。
溝の中に潜むピエロ。
不用意に近づく子供。
ヤバイヤバイ、近づいたらダメだ!そいつヤバイやつやで殺される!
ああ、これから手を伸ばした少年が溝に引きづり込まれ、クリミナルマインド(海外ドラマ)に出てくる被害者みたいに残虐に殺されるのか……。
そんな感じにこれから起きる惨劇に心の準備をしていたその時!!口裂け女以上に開くピエロの口!!噛み切られる子供の腕!
なんだよ!モンスター枠かよ!
人が起こす惨劇には目を瞑りたくなるけど、敵がモンスターだと現実感が減るからか途端に心が落ち着く。怖さのカテゴリーが違うというか、貞子とゴジラの違いというか。
後は特に怖いことも無く最後まで見ることができました。
ただ面白くなかったわけでは無いです、
個人的感想では、これはそもそもホラー映画では無く、少年少女の一夏の冒険譚枠です。
感覚的には昔見た、【学校の怪談】という映画に近い。
少年少女達が出会い、助け合い、恋をして、勇気を振り絞り、妖怪と戦い、そして恋が終わる。
ホラー映画にしては爽やかな気分で見終われます。
第1章なので続編あるらしいけど続編は怖いのかな。
最後に特に意味もなく、出てきたピエロの怖く無い点をまとめておきます。

【ITに出てくるピエロのここが怖く無い】
・動きがコミカル。
カクカクした動きに思わず笑ってしまいます。真顔で踊ってるシーンはジョニーデップを思い出しました。

・ピエロが突然でてくるシーンが大体予測できる。
所謂驚かして怖がらせるタイプの映画なんですが、大体ここで出てくるかなってところで予想通り出てきます。

・街の住人の家庭環境の方が怖い。
親にレ◯プされてたり、病気でも無いのに病気だと教え込まれ過保護な親に束縛されてたり、羊を撃ち殺さないと怒られたり、足元銃で撃たれたりと闇が深い家庭ばかり!事件もほかの都市の6倍発生してるらしいです。引っ越せよ!登場人物達の家庭の闇が深すぎてピエロが可愛く見えてきます。

・イジメが悪質すぎてイジメっ子に襲いかかるピエロを応援してしまう。
ナイフで傷つけたり、猫を銃で撃とうとしたりとイジメが悪質。
なぜ全員に襲いかからないんだピエロよ。

・途中から明らかに攻略難易度が下がってた
最初主人公の弟があっさり殺された時はかなり強敵感があったピエロ。しかし時が経つにつれてその強敵感は薄れ……。
最初はタイトルからの予想で風船見た人は全員死ぬのかなくらいに考えていたんですが、主人公の友達が追い詰められ、2階から1階に落ちたけど生きてた時点で、仲間が一人また一人と死んでいく絶望的なタイプの話でもないのねと理解。主人公サイドのメンバーは難易度イージーみたいで、襲われても顔齧られても腕が折れても生きてる。(ピエロが恐怖を食べるという性質上、わざとすぐには殺さずに恐怖させようとしてた可能性もあるが)
最後らへんはもう、あ、これ主人公サイドのメンバーは死なねぇなと安心して見ることができました。