映画やらアニメやら雑多感想ブログ

映画やらアニメやら雑多感想ブログ

アニメとか映画とかの感想を適当に書くだけ。ネタバレ有り。

【コードギアス 反逆のルルーシュ III 皇道】感想《討っていいのは討たれる覚悟のあるやつだけだ》

f:id:Shirosuke:20180526191151j:image

面白かった!!

僕はテレビ版を見てないので総集編からなのですが、十分楽しめましたね。

ただところどころ話が急展開(いつの間にかヴィレッタと扇との関係が再度良好になってたり)してるとことかあったので、そのあたりはテレビ版ではどんな展開だったのか気になります。

コードギアスは言うまでもなく有名な作品なので、テレビ版見てない僕も放送当時の感想などはチョイチョイ目に入ってました。

それで目に入った感想からきっとこういう話なんだろうなと僕の中でイメージがあったんですが、実際に見ると結構違ってて驚きました。

今回の感想はそのあたりを含めて。 

第3部はルルーシュの格好良い雰囲気だしてるけどダサい台詞が無くて残念

第1部と第2部はルルーシュ…というかゼロが凄い格好よいこと言ってる雰囲気でなんか良くわからないこと言ってるシーンがあってそこが好きだったんですよ。

『週末はピクニックだな』

とか

『超合衆国』

とか。

第3部はゼロよりもルルーシュ成分が多かったので無かったですね。残念。

しかしお陰でストーリーに集中できました。英断です。

純朴C.Cがあっさり消えて残念

特に引っ張ることなくあっさり元に戻ってそこは残念でした。テレビ版なら違ったりするのかな?

あの流れだと記憶をなくす意味あったのかって感じですが。(多分ルルーシュの言葉によって一時的に引きこもってたとかそんな意味だとは思いますが)

撃って良いのは撃たれる覚悟がある奴だけだ

この言葉も見る前からルルーシュが言うことは知っていたんですが、最後に自分自身が討たれる時に再度言うのは「そうきたか!」って感じでした。

テンション上がる。

正義の味方でも、悪党でも、敵でも、味方でも、創作でも、リアルでも、自分の言葉に最後まで責任を持つ信念のある人物は格好良いですね。

 

かつての敵味方入り乱れるチーム編成に燃える

このアニメの展開は予想できなかったことが多いんですけど、これはその一つですね。朱雀はともかくニーナが味方になるとは思ってなかった。

かつての敵が目的の為に手を結ぶのは熱い展開ですね。

朱雀がルルーシュを護る騎士になるのもありえたかも知れない未来を見てるようで良かったです。

このアニメはこういう予想外のチーム作って楽しませるの上手いですね。

第2部の時はオレンジ(まさかテレビ版見てない僕でも笑い者にされてることだけは知ってたオレンジが!)が仲間になるとか1ミリも想像してなくて顎外れました。

黒の騎士団のやつらは色々他の組織の思惑に操られすぎててあれだったけど。

なにシレッと幸せになってるんだ扇!!

扇はゼロが味方の時から女の為に裏切ってるからあんま好きになれないんだよなぁ。

 

ナナリー生存!

僕はテレビ版放送当時、目に入ってくる感想の薄っすらとした記憶からナナリーが何か酷い目に合うことは知ってたんですよ。だからてっきりナナリーは酷い目にあって絶望の中死ぬもんだと思ってたんですよ。

だからずっと身構えながら映画を見てたんで、生き残った時は驚きました。

良かったナナリー……。

関係ないですけど、最後の囚人服みたいな奴隷服みたいなの着てるナナリー良い。

ゼロレクイエム

ゼロレクイエムはまぁ予想してた展開からは外れなかったですね。

かつての味方がゼロが登場した瞬間にルルーシュ達の真の目的を察する展開は凄い良かったです。

続編楽しみ

というわけでコードギアスは大変面白かったです。エンディング後のルルーシュが生きてるかもしれない展開は新録かな?

綺麗に纏まった展開から続編はどうなるのか。

ルルーシュは生き返るのか。C.Cはどうなるのか。

楽しみです。